脂肪燃焼まるわかりガイド|スープ・ダイエット・サプリ・ドリンク

無酸素運動だと脂肪が燃焼されないのは何故ですか?

 

脂肪燃焼に効果的な運動は、ウォーキングや自転車などの有酸素運動です。

 

では、筋トレなどの無酸素運動では、どうして脂肪燃焼効果がないのでしょうか。

 

無酸素運動は、瞬間的に強い力を必要とする運動です。

 

その時に使われるエネルギーは、筋肉に貯蔵しておいた糖質を主に使います。

 

また、強い力を必要とするため、長時間の運動には不向きです。

 

それに対して、有酸素運動は、少し息が切れるけれど、会話をしながらできる程度の軽い運動なので、長時間運動が可能です。

 

そして、有酸素運動がエネルギーとして使うのは、初めの20分は糖質なのですが、その後は脂肪をエネルギーとして使用するので、脂肪燃焼効果があるのです。

 

ですから、有酸素運動には脂肪燃焼効果があり、無酸素運動には脂肪燃焼効果がないのです。

 

ただ、脂肪燃焼と無酸素運動は、全く関係がないわけではありません。

 

脂肪燃焼効果を高めるには、筋肉が必要です。

 

筋肉が衰えてしまうと、代謝が悪くなり、脂肪燃焼効果も弱まってしまいます。

 

ですから、無酸素運動で筋肉を鍛えることで、脂肪を燃焼しやすい身体を作ることが出来るのです。

 

また、無酸素運動は、成長ホルモンを分泌させる効果もあります。

 

成長ホルモンは、脂肪燃焼を高めてくれる効果があるのです。

 

効率よく脂肪燃焼効果を得るためには、無酸素運動と有酸素運動の両方を取り入れるのがオススメです。