脂肪燃焼まるわかりガイド|スープ・ダイエット・サプリ・ドリンク

空腹時に有酸素運動をしないと脂肪は燃焼しませんか?

 

空腹時に有酸素運動をした方が脂肪が燃焼されると言うのは、正しい情報とは言えないようです。

 

有酸素運動をすると、まずは糖質から燃焼されます。

 

そのあと脂肪が燃焼されるのですが、火を燃やす時にも火種がないとなかなか火がつきませんよね。

 

糖質は、火種となってくれるので、多少は糖質がないと脂肪が燃焼されにくくなります。

 

また、空腹時には血糖値が低くなっている状態です。

 

血糖値が低い状態で有酸素運動をするのは、身体に負担をかけてしまいます。

 

そして、運動後に食事をすると、空腹感が増しているので、食べ過ぎの原因となります。

 

ですから、有酸素運動をする時には、食後1時間から2時間後が適しているようです。

 

食後すぐの運動も、食事が消化されていないので、消化不良を起こしてしまったり、身体に負担がかかってしまう事が考えられます。

 

食事の時に炭水化物を摂っておくことで、脂肪が燃焼されやすくなります。

 

炭水化物は、消化されることで糖質に変化するからです。

 

脂肪燃焼を目的にして有酸素運動をする時には、特に空腹時や食後すぐではなく、食事の間に有酸素運動を取り入れるようにしましょう。

 

また、起床後すぐも血糖値が低くなっているので、運動するのはオススメできません。

 

運動をする時には朝食を摂って、1時間以上経過してからにしましょう。