脂肪燃焼まるわかりガイド|スープ・ダイエット・サプリ・ドリンク

脂肪燃焼と運動強度の関係

 

運動強度は、最近雑誌などでも紹介されているので、聞いた事がある人も多いのではないでしょうか。

 

運動強度は、運動をしている時に体にかかる負担の度合いです。

 

簡単に言うと、どれだけきつい運動なのかということです。

 

運動強度は、心拍数から割り出します。

 

朝起きた時の安静時心拍数を0%、220から年齢を引くことで割り出す最大心拍数を100%として運動をすることで、心拍数がどのように変化するかで割り出すのです。

 

運動をするには色々な目的があると思いますが、脂肪燃焼に効果的な運動強度があります。

 

それは、運動強度50〜60%です。

 

それ以上は、アスリートなどのトレーニングになってしまうので、脂肪燃焼が目的な人には強すぎるようです。

 

あまり運動強度が高いと、脂肪燃焼の効率が悪いだけではなく、特に普段運動していない人は体に負担がかかってしまいます。

 

有酸素運動をするとしたら、運動強度50〜60%の運動にしましょう。

 

まずは自分の安静時心拍を計り、最大心拍数を計算しましょう。

 

そして、運動をしながら心拍数を計り、運動強度を計算してみましょう。

 

有酸素運動は少し息が切れますが、話しながらできるくらいの運動です。

 

そして、これがだいたい運動強度50から60%と言われています。

 

脂肪を燃焼したいからといってハードな運動をしても、脂肪は燃焼されにくくなってしまいます。