脂肪燃焼まるわかりガイド|スープ・ダイエット・サプリ・ドリンク

脂肪燃焼と褐色脂肪の関係

 

脂肪細胞には白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞の2種類の細胞があります。

 

白色脂肪細胞とは、名前の通りに白色の脂肪細胞です。

 

白色脂肪細胞は、中性脂肪を溜め込んでいます。

 

食べすぎが続くことで白色脂肪細胞は増加します。

 

白色脂肪細胞は、お腹や太もも、お尻、二の腕、内臓などについている脂肪です。

 

一般的に脂肪細胞とは、白色脂肪細胞のことを言います。

 

そして、もう一つの脂肪細胞である褐色脂肪細胞は、体に溜め込まれている脂肪を燃焼させ、エネルギーに変えてくれる脂肪です。

 

褐色脂肪細胞は、首の後ろや肩甲骨周り、ワキの下など、少量しかないのも特徴です。

 

そして、年齢を重ねることで減ってしまう細胞でもあります。

 

褐色脂肪細胞が活発に働いていると、脂肪が燃焼しやすくなります。

 

ですから、脂肪燃焼をアップさせるためには、褐色脂肪細胞を減らさないことと、活性化させることが重要です。

 

褐色脂肪細胞を活性化させるためには、体に冷たい刺激を与えることがいいようです。

 

褐色脂肪細胞は体温を維持するために働く細胞なので、体に冷たい刺激を与えることで活発になります。

 

シャワーで首の後ろや肩甲骨周りなど、褐色脂肪細胞がある部分を水で刺激しましょう。

 

また、食べ物でも褐色脂肪細胞を活性化させることができます。

 

コーヒーやニンニク、唐辛子もそうですが、必須脂肪酸も効果的のようです。

 

必須脂肪酸は体で合成されないので、バターやマーガリンなど必須脂肪酸を含んでいる食べ物から摂取する必要があります。