脂肪燃焼まるわかりガイド|スープ・ダイエット・サプリ・ドリンク

脂肪燃焼と唐辛子の関係

 

料理のスパイスとして使われることが多い唐辛子は、脂肪燃焼効果がある食べ物としてよく知られていますね。

 

唐辛子には、辛味成分であるカプサイシンが含まれていて、そのカプサイシンが代謝を上げて、脂肪燃焼効果を高めてくれるのです。

 

カプサイシンを摂ることでアドレナリンの分泌が活発になります。

 

アドレナリンがエネルギー代謝をアップさせ、血行を良くすることができるので、脂肪燃焼効果も高めてくれると言うわけです。

 

唐辛子を食べると汗をかいたり、体が熱くなったりするのは、その分、エネルギーが消費されているということです。

 

唐辛子のメリットは、食後すぐに脂肪を燃焼してくれることです。

 

運動は脂肪を燃焼させるまでには時間がかかるものです。

 

ですから、すぐに脂肪を燃焼してくれる唐辛子はダイエットにピッタリです。

 

唐辛子は、料理に取り入れようとすると、複雑に考えてしまいがちです。

 

一番手っ取り早い方法は、キムチを食べることです。

 

その他には、味噌汁などの汁物に入れたり、冷奴やきんぴらなどの炒め物などにかけても美味しく食べることができます。

 

唐辛子を食べることで体が温まり、冷え症改善効果も期待できます。

 

唐辛子を積極的に食べて、健康的にダイエット効果を高めたいですね。

 

ただ、唐辛子は刺激物なので、辛いものが苦手な人や胃腸が弱い人、アレルギー体質の人などは、摂りすぎに気をつけましょう。