脂肪燃焼まるわかりガイド|スープ・ダイエット・サプリ・ドリンク

脂肪燃焼とレモンの関係

 

ダイエットをしようと思うと、食事を減らしてしまいがちです。

 

しかし、食事量を減らしてしまうと、栄養バランスが悪くなってしまうことが多く、代謝を悪くしてしまうのです。

 

また、食事量が少ないと便秘になりやすいとも言われています。

 

ダイエットは、食事量をただ減らせばいいわけではないのです。

 

ダイエットで大切なのは、栄養バランスの取れた食事と適度な運動です。

 

それにプラスしたいのが、脂肪燃焼効果アップの方法です。

 

最近注目されているのが、香りによる脂肪燃焼効果アップです。

 

レモンには、脂肪燃焼効果のある香りが含まれています。

 

また、レモンのさわやかな香りには、頭をすっきりさせて、集中力を高めるなどの効果があり、アロマテラピーでも人気の香りとなっています。

 

レモンの香りを取り入れることで、脂肪燃焼を高めることができるだけではなく、食事前にレモンの香りをかぐことで、食べすぎを予防したり、消化促進効果なども期待できるので、ダイエットにはピッタリの香りです。

 

また、レモンの酸味は疲労回復効果もあるので、適度な運動をした後に食べることで、疲れを解消しやすくし、疲れを溜め込むことが少なくなるので、運動を続けやすくなるのです。

 

レモンの香りは、本物のレモンでもいいですし、アロマオイルでも効果があるようです。

 

レモンを食べる時は、揚げ物にかけたり、マリネなどに入れるのもいいですね。