脂肪燃焼まるわかりガイド|スープ・ダイエット・サプリ・ドリンク

脂肪燃焼とほうれんそうの関係

 

ポパイがほうれん草を食べると、ムキムキ強くなるのは有名ですよね。

 

これは、ほうれん草にはたくさんの栄養素が含まれているからなのでしょうね。

 

ほうれん草に含まれる栄養素で代表的なものは、ビタミンAと鉄分です。

 

特にビタミンAは、100グラムほうれん草を食べれば、1日分に必要なビタミンAを全てカバーできます。

 

その他にも、ビタミンCやビタミンEなども豊富で、ビタミンやミネラルが多く含まれているほうれん草は脂肪燃焼を高めることができる食材の一つです。

 

その他にも、妊娠前や妊娠中に積極的に摂りたいと言われている葉酸も豊富に含まれていて、貧血の予防効果も期待できます。

 

ほうれん草には、えぐみ成分であるシュウ酸が含まれているので、茹でて食べることが絶対でした。

 

しかし、最近はシュウ酸を少なくし、生で食べることができるサラダほうれん草なども販売されています。

 

調理が苦手な人は、サラダほうれん草を取り入れると簡単ですね。

 

ほうれん草を選ぶ時には、葉が厚くて張りがあるもの、葉先までピンとしている新鮮なほうれん草を選ぶようにしましょう。

 

最近は、ちぢみほうれん草と言う種類のほうれん草があります。

 

ちぢみほうれん草は、肉厚で甘みがあって美味しいですよ。

 

ただ茹でただけでも美味しく食べることができます。

 

ほうれん草は茹でたら冷凍保存もできるので、たくさん茹でて冷凍し、食べる時に解凍して食べましょう。