脂肪燃焼まるわかりガイド|スープ・ダイエット・サプリ・ドリンク

脂肪燃焼のメカニズム

 

体に溜まってしまった脂肪は、分解し燃焼することが、肥満解消につながります。

 

脂肪燃焼を高めることが、スリムな体を維持する方法となります。

 

脂肪燃焼を高めるには、脂肪燃焼のメカニズムを知ることが大切です。

 

まず、有酸素運動をするなど、体が活動エネルギーを必要とする状態になると、脳が脂肪を分解し、エネルギーを作り出すように指令を出します。

 

そうすることで、脂肪動員ホルモンであるノルアドレナリンやアドレナリンなどが分泌されます。

 

その後、脂肪を分解するリパーゼという酵素が活性化し、脂肪が分解されます。

 

分解された脂肪は、グリセロール(グリセリン)と遊離脂肪酸になって血液中に流れ出します。

 

そして、血液によって全身の筋肉へ周り、脂肪酸がエネルギーとして燃焼されます。

 

これが脂肪燃焼のメカニズムです。

 

また、食事などで血糖値が急に上がった時は、インスリンが分泌されます。

 

インスリンは脂肪燃焼を抑制する働きがあるので、脂肪燃焼を高めるには、血糖値を安定させることが必要です。

 

ただ、脂肪が遊離脂肪酸に分解されたとしても、ここで脂肪が燃焼することができなければ、また脂肪に逆戻りです。

 

ですから、一定時間以上の運動を行い、脂肪を燃焼する必要があります。

 

脂肪を燃焼するには、有酸素運動が効果的と言われています。

 

運動開始15分から脂肪が燃焼されるので、できれば30分以上の有酸素運動を行いたいですね。