脂肪燃焼まるわかりガイド|スープ・ダイエット・サプリ・ドリンク

脂肪燃焼とピーマンの関係

 

ピーマンが苦手と言う子供は多いですが、その原因は、ピーマンの苦味です。

 

しかし、その苦味こそが脂肪燃焼効果を高めてくれるのです。

 

ピーマンの香りの成分であるピラジンは、血液をサラサラにしてくれる効果があります。

 

また、辛味成分であるカプサイシンは、唐辛子に含まれていることで有名ですが、脂肪燃焼効果をアップしてくれる効果があるのです。

 

ピーマンにもカプサイシンが含まれているので、ピーマンを食べることで、脂肪燃焼効果をアップすることができるのです。

 

脂肪燃焼スープが話題となっていますが、その脂肪燃焼スープの具材としてピーマンが入っているのは、脂肪燃焼効果があるからなのでしょうね。

 

その他にも、ピーマンには、βカロテンやビタミンCが豊富に含まれています。

 

ビタミンCは、レモンよりも多いと言われています。

 

また、ビタミンCの吸収をアップさせるビタミンPが入っているのも特徴的ですね。

 

そして、緑ピーマンには、クロロフィルと呼ばれる抗酸化物質が含まれていて、がん予防やコレステロール値を下げる効果があると言われています。

 

ピーマンはサラダなどにして生でも食べることができますし、茹でたり炒めたりと、色々なアレンジが聞きます。

 

ピーマンの簡単でオススメの食べ方を紹介します。

 

ピーマンは千切りにして塩茹でに、とりささみはレンジで加熱して細く裂き、ピーマンと一緒にお皿に並べます。

 

上からお好みのたれをかけて食べます。

 

濃厚で辛味があるソースの方が美味しく食べることができるでしょう。

 

是非、試してみてください。