脂肪燃焼まるわかりガイド|スープ・ダイエット・サプリ・ドリンク

脂肪燃焼とたまねぎの関係

 

家に常備されていることが多い野菜の一つであるたまねぎは、カレーやシチュー、肉じゃが、炒め物、鍋など、色々な料理に使われる野菜です。

 

たまねぎには、血液サラサラ効果があることはよく知られていますが、脂肪燃焼効果もあるのです。

 

脂肪燃焼効果があるのは、たまねぎに含まれるケルセチンです。

 

ケルセチンは色素成分で、フラボノイドの一種です。

 

抗酸化力が高く、脂肪の吸収を抑え、脂肪の燃焼も高めてくれるのです。

 

ケルセチンはたまねぎの皮の部分に多く含まれているので、ケルセチンを効率よく摂り入れたいのなら、皮の部分をよく洗ってコトコト煮てスープにするといいでしょう。

 

たまねぎの皮を食べることはあまりないと思いますが、スープにすると美味しく食べることができますよ。

 

もちろん、たまねぎを普通に食べるのも効果があります。

 

そのままでは辛味があり、食べにくい人もいると思いますが、熱を加えると、甘くなって食べやすくなります。

 

たまねぎを使った料理は、本当にたくさんあります。

 

野菜スープにしてもいいですし、たまねぎをスライスして醤油とかつおぶしをかけて食べるのもいいでしょう。

 

たまねぎに納豆と刻んだキムチを加えて食べるのもオススメです。

 

たまねぎは比較的安いですし、1年中手に入る野菜なので、積極的に食べるようにするといいでしょう。