脂肪燃焼まるわかりガイド|スープ・ダイエット・サプリ・ドリンク

脂肪燃焼とアラニンの関係

 

非必須アミノ酸は体の中で作られるものですが、作り出すために必要な栄養が必要になります。

 

非必須アミノ酸の一つであるアラニンは、肝臓を動かすエネルギーとなる成分です。

 

肝臓は、ブドウ糖をグリコーゲンに変化させる働きや、アルコールの分解、老廃物を体の外に排出させるなどの働きをしています。

 

ブドウ糖をグリコーゲンに変える時に、グルカゴンを分泌させる必要があります。

 

このグルカゴンを作り出す時に脂肪が燃焼されるのです。

 

ですから、アラニンを摂ることは脂肪燃焼効果を高めることになるのです。

 

アラニンが不足してしまうと、肝臓の機能が低下してしまうので、老廃物が蓄積しやすくなってしまったり、二日酔いになりやすくなったり、疲れやすくなったり、脂肪が溜まりやすくなるなどします。

 

しかし、アラニンを過剰摂取することで、めまいや立ちくらみを引き起こす可能性もあるようです。

 

アラニンは、ホタテやシジミなどの貝類に多く含まれています。

 

シジミは二日酔いに良いなんて言われますが、それはこのアラニンの効果です。

 

アラニンを効率よく取り入れるには、シジミの味噌汁を飲むといいでしょう。

 

その時に、身とエキスを一緒に摂るのがいいようです。

 

貝類の他には、牛、鶏、豚のレバーに多く含まれています。

 

レバーの場合には、野菜と炒めたレバニラ炒めなどがオススメです。