脂肪燃焼まるわかりガイド|スープ・ダイエット・サプリ・ドリンク

脂肪燃焼とカフェインの関係

 

カフェインと言うと、眠れなくなったり、子供や妊娠中や授乳中にはあまり良くないなどのイメージが強かったのですが、カフェインには脂肪燃焼を高めてくれる効果があるのです。

 

カフェインを取り入れることで、体に蓄積されてしまった脂肪を分解し、血液中に脂肪酸として放出するのです。

 

放出された脂肪酸を燃やすのが運動です。

 

ですから、運動の前にカフェインを摂ると脂肪燃焼効果がアップするのです。

 

カフェインの脂肪燃焼アップ効果は、飲んでから20分ほどで出てきます。

 

ですから、有酸素運動をする30分ほど前に飲むと効果的のようです。

 

ちなみに持続時間は2時間と言われています。

 

カフェインが入っている飲み物と言えばコーヒーですが、コーヒーを飲むのならブラックで飲むようにしましょう。

 

砂糖やミルクが入るとカロリーがアップしてしまうので、基本はブラックで飲む方がいいでしょう。

 

しかし、ブラックが飲めない人は、せめてミルクだけにしましょう。

 

ホットミルクは体を温める効果もあるので、飲む時にはホットコーヒーがオススメです。

 

カフェインが入っている飲み物は、コーヒーだけではありません。

 

緑茶や紅茶、烏龍茶などにもカフェインが入っています。

 

緑茶はコーヒーよりもカフェインが多いようです。

 

コーヒーやお茶は、飲むことでリラックス効果を得ることもできます。

 

上手にカフェインを取り入れて、脂肪を燃焼させましょう。