脂肪燃焼まるわかりガイド|スープ・ダイエット・サプリ・ドリンク

サイクリングで脂肪燃焼する

 

有酸素運動と言えば、ウィオーキングが知られていますが、サイクリングも有酸素運動の一つです。

 

サイクリングは自然の風を感じて気持ちよく運動ができるので、ダイエット効果だけではなく、リラックス効果も期待できる運動です。

 

また、ウォーキングに比べると、足腰に負担がかかりにくいメリットもあります。

 

サイクリングを行う時には、動きやすい服装がオススメです。

 

ただし、スカートの場合、風でまくれてしまうことがあります。

 

また、ズボンによってはペダルに引っかかってしまうこともあるので、そのようなことにも気をつけるといいでしょう。

 

有酸素運動では、1日に200キロカロリー以上消費したいところなので、30分ほど運動するといいでしょう。

 

距離を決めるのもいいですが、自分に無理のない程度の時間、サイクリングを行うようにした方がいいようです。

 

初めから無理をすると続かないので、はじめは無理のない程度の時間を行い、少しづつ時間を延ばしていくのがオススメです。

 

効率のよい運動時間は、食後1時間過ぎからと言われていますが、それ以外の時間でも運動をすれば脂肪は燃焼されます。

 

サイクリングといっても、自転車のために時間を取るのではなく、通勤や通学、買い物などの移動手段として、自転車を取り入れるといいでしょう。

 

サイクリングはできれば毎日行える方が効果的なので、通勤通学なら無理なく毎日取り入れることが出来るのではないでしょうか。

 

また、サイクリングは雨の日や風が強い日はできませんが、エアロバイクなら天気を気にせず運動をすることができます。