脂肪燃焼まるわかりガイド|スープ・ダイエット・サプリ・ドリンク

スイミングで脂肪燃焼する

 

有酸素運動は、脂肪を燃焼してくれる効果がありますが、スイミングも有酸素運動の一つです。

 

スイミングは、水圧や浮力、水温などの影響で、普通に運動をするよりも、運動効果をアップできます。

 

また、足腰に負担がかかりにくく、年齢の高い人にもお勧めの運動です。

 

全身運動なので、代謝もアップしやすいだけではなく、ストレス解消効果も期待できます。

 

水泳をするのに効率の良い時間帯は、食後1時間ほどと言われています。

 

頻度は毎日行うのが理想的ですが、スイミングをするにはプールまで通わなくてはいけません。

 

毎日、プールまで通うのは面倒ですし、忙しい人はなかなか時間を確保できないでしょう。

 

ですから、少なくても週に2回はスイミングを行うようにするといいようです。

 

注意したいのは、初めから長い時間行わないことです。

 

水の中は、浮力があり、体が軽く感じますが、水の抵抗があるので、陸の上で運動をするよりもハードです。

 

ですから、初めから無理をすると、身体に負担がかかってしまい、運動するのが嫌になってしまうことが考えられます。

 

まずは無理のない程度から始め、体力がついてきたら少しづつ運動時間を伸ばしていくようにしましょう。

 

スイミングといっても、泳げなかったらできないのではと思うかもしれませんが、水中でウォーキングする運動でも十分に効果的です。

 

プールのあるところまで通ったり、着替えをしたりすることは少し面倒ですが、効率よく脂肪を燃焼できるスイミングを取り入れてみてはいかがでしょうか。